おすぎむら昆の「あんなま」

直近で鑑賞した映画をひたすらレビューしていきます。

パニック

『雪山の絆 (2023)』【80/100点: 高所だし食べ物をないし…】

「寝たら死ぬぞ」を本気でやっている壮絶サバイバルドラマ

『黄龍の村 (2021)』【75/100点: チープな『ミッドサマー』と思いきや】

おどろおどろしいOPから徐々にスッとぼけた展開になっていくのが気持ちいいホラーアクション映画

『パラダイム (1987)』【85/100点: 液体になったサタン】

よく分かんない設定だけど引き込まれる、ホラーの巨匠が手掛けたSFホラー

『ゴジラ-1.0/c (2024)』【90/100点: モノクロ映えでより怖くなった巨神】

こっちもこっちでアリ。モノクロ映えでより怖くなった巨神

『FALL/フォール (2022)』【90/100点: 地上610m、足場数mのサバイバル】

地上610m、足場数mのサバイバル

『ボルケーノ (1997)』【80/100点: パニックにはリーダーシップが必要】

都会のど真ん中で火山が噴火!そんな時に有能リーダーが居たら…

『悪の教典 (2012)』【75/100点: 三池崇史は品がない(褒め言葉)】

青春ドラマを装ったバイオレンス映画。三池崇史は品がない(褒め言葉)

『ザ・フォッグ (1980)』【65/100点: 不気味だけど怖くはない】

不気味だけど怖くはない。1980年製作のホラー映画

『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜 (2023)』【40/100点: 美人はいつでもメイクバッチリ】

設定がとってもユルユルなパニックホラー

『ヴァチカンのエクソシスト (2023)』【80/100点: ヴェスパを乗りこなすのは松田優作だけではなかった】

ヴェスパに乗ってお酒をチビチビ呑む可愛いオジサンエクソシストの活躍

『コカイン・ベア (2023)』【60/100点: 森のくまさん】

せっかくいい題材なのに盛り上がりに欠けるパニックコメディ

『シン・ゴジラ (2016)』【80/100点: ゴジラと官僚】

ゴジラVS官僚。ラストが若干尻切れだけど、映像がすごいSF大作の『ゴジラ』

『ゴジラ-1.0 (2023)』【95/100点: “マイナス”どころか大盤振る舞いのゴジラ】

ついに来た「海外で戦える『ゴジラ』」のレビュー